2016.06.11更新

おはようございます。

梅雨入りしましたが毎日暑いです。

今日から足首の捻挫シリーズ!

 

今日は足首の捻挫の中で比較的多い内反捻挫(前距腓靭帯損傷)の治療についてです。前距腓靭帯とは足首の外くるぶし前にある足首を支える靭帯です。ほとんどの場合足首をひねると内側に捻りますのでここを痛めます。内返しの捻挫をすると外側の靭帯を伸ばしてしまい、関節の位置がずれてしまいます。最初に正常な位置に骨格調整を行い、テーピング療法を用い整復固定をします。また靭帯の損傷をしていますので靭帯損傷を改善するためにEMS治療を施します。腫れなどが顕著な場合は鍼治療も効果的です。

靭帯というのは一回伸ひますと、早めに治療を行わないと靭帯が伸びたまま関節が緩くなり捻挫を繰り返す足首になってしまいます。早めの整復固定が肝心です!当院で使用するテープは、固定力に富んだ肌にやさしいものですので不快な感覚なく日常生活を送れると思います。是非一度ご相談ください!

---------
世田谷総合鍼灸整骨院
‐身体の痛み・肩こり・腰痛・寝違え・首の痛み・脚の痛み・腕の痛み・交通事故‐
‐骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・マッサージ・鍼灸‐
 土日祝診療しています
三軒茶屋の方はもちろん、世田谷区全域から多くの方に通って頂いています。
 お気軽にご相談下さい 22時まで診療しています
〒154-0023 東京都世田谷区若林1-8-8 デンス河野 地下1階
Tell/fax:03-6676-1555
世田谷総合鍼灸整骨院ホームページ☜ここをクリック!
---------

投稿者: 世田谷総合鍼灸整骨院

交通事故治療 世田谷総合鍼灸・整骨院
一般サイト
スタッフブログ 交通事故ブログ リンク集 facebook